見れば見るほど発見があるはず!『THE FIRST SLAM DUNK』を今すぐ観るべき理由

ギャグやキャラ特有のクセも…圧倒的な映像表現で描かれる「動く『SLAM DUNK』」

『ドラゴンボール』『幽☆遊☆白書』と並び、90年代『週刊少年ジャンプ』の黄金期を作り上げた人気バスケットボール漫画『SLAM DUNK』。その連載終了から20年以上の時を経て、原作者・井上雄彦自らが脚本・監督を務めるかたちで『THE FIRST SLAM DUNK』として映画化されました。

あらすじ未発表のまま2022年12月3日に劇場公開された本作は、結論からいえばアニメーション史どころか映画史に残るべき大傑作。原作を予習する必要がない、それでいて原作ファンならより深い余韻を味わえる「一本の映画作品」です。

この記事では、ストーリーのネタバレを避けながら、いかにこの『THE FIRST SLAM DUNK』が今観るべき作品なのかを解説していきます。

ずばぬけた映像的快感!これは「アニメ版」ではなく「動く『SLAM DUNK』」

本作最大の特徴の一つが「『観たことのない映像』をこれでもかと見せてくれる」、破格の映像体験にあります。ベースはアニメーション作品ですが、その印象はアニメとも実写とも違う、「漫画『SLAM DUNK』が動いている」です。

その理由は、井上雄彦氏がこだわったと言われる、アニメとしては異例とも言える「彩度を抑えた色彩設計」 。そして「紙に描かれたようなザラついた感触を持った映像表現」​にあると考えられます。

わかりやすく伝えるならば「2018年に発売された新装再編版『SLAM DUNK』の表紙イラストが動いている感覚」ですね。

そして、そんなキャラクターたちが、試合シーンでは3DCGとモーションキャプチャーによって縦横無尽にコート上を動き回ります。

コート上の全キャラクターが常に動いているだけでもアニメ映像として衝撃的なのですが、まるでコート上をドローンが飛んでいたり、バスケットボールにカメラがついていたりするような、大迫力のカメラワークも圧巻。これもまた、2Dアニメはもちろん、実写でも到底得られない映像体験です。

そして、『THE FIRST SLAM DUNK』が単純な「映像」としてではなく「映画」としてすばらしいのは、そうしたバスケットのプレイを通して、選手の一瞬の判断や、言外のコミュニケーション、人間関係、そして弱点や成長を描き出している点にあります。

ドラマパートを踏まえ、試合中のキャラクターたちが何を考え、どう一歩を踏み出しているのか。その答えを見せるのは、言葉ではなく、映像=バスケットのプレイ。これを「映画」、そして『SLAM DUNK』と言わず、何と呼ぶのでしょうか。

ちなみにバスケットのプレイには、よく見ると気が付くギャグ、原作を読み込んだ読者なら気が付くであろう新発見やキャラ特有のクセが込められているので、すでに鑑賞された方もあらためて劇場に足を運ぶことをおすすめします。

ノスタルジーではない。2022年とこれからの『SLAM DUNK』

圧巻の映像表現に加え、本作を語る上で欠かせないのが、ストーリーと構成のすばらしさ。

原作『SLAM DUNK』のエッセンスを2時間強に凝縮させるのみならず、作品に新たな視点を与え、2022年の日本に求められているテーマを『SLAM DUNK』マナーに則って扱った脚本力・構成力・そして映像表現には、ただただ圧倒されるばかりです。

ご存知でしょうか? 『THE FIRST SLAM DUNK』について口コミや報道で語られている話題の一つが、その客層の若さです。もちろん原作リアルタイム世代の30〜40代も多数いるのですが、現役でバスケットボールをプレイしているような中高生の観客が映画館に足を運んでいるというのです。

『SLAM DUNK』は90年代で原作もアニメ版も終了しており、『ドラゴンボール』『幽☆遊☆白書』『るろうに剣心』のような新作やリメイク版、実写版などは制作されていません。そのことを考えれば、『SLAM DUNK』が2022年現在も若いファンを獲得し続けているのは破格の現象と言えるでしょう。

そこには『SLAM DUNK』に「マンガとしての圧倒的な力」があるのは前提として、今もその求心力を失わない理由はストーリーとキャラクターの普遍性にあると考えられます。

原作『SLAM DUNK』が描くのは、高校バスケットボール部員たちの、たった4ヶ月の物語。各キャラクターのバックグラウンドはほとんど描写されず、彼らが短い期間でどのような体験をしてどのように成長したのかを描くシンプルなストーリーです。

しかし、それぞれのキャラクターが持つ悩みや目標、コンプレックスは、誰もが必ずそのどれかに共感できるような内容であり、非常にみずみずしく描かれています。「想像する余地が多分にあるキャラクター造形に、読者の共感が乗り移り、彼らが試合で躍動する」という図式が、広い読者を引きつけ、そして感動させるのではないかと考えられます。

そんな『SLAM DUNK』の連載終了から20年以上を経て、映画『THE FIRST SLAM DUNK』は何を描いたのか?

ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、それは決して単なるノスタルジーではありません。00年代、10年代を経た2022年だからこそ描ける、現在の物語。私たちの物語です。

『THE FIRST SLAM DUNK』のポスタービジュアル

© I.T.PLANNING,INC. © 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners

そして、そんなストーリーが、井上雄彦氏が漫画家として『SLAM DUNK』以降の作品群で培った構図力・構成力・映像表現力を持って描かれるのです。

そう、ここまで試合中の映像を絶賛してきましたが、ドラマパートの映像も圧倒的。風をはじめとした自然の描写、そして目や手、口元、鼻の仕草の​細やかさは眩暈がするほどすばらしく、正直このレベルの表現は宮崎駿監督作品くらいしか並ぶものがないのではないかと思えるほど。細かく見れば見るほど、発見があるはずです。

……最後に改めて、これは一本の「映画」です。

『SLAM DUNK』未経験者は無理に予習する必要はありません。そして原作ファンやアニメ版のファンはその思い出を胸の奥で大切に抱え、ぜひ映画館に足を運んで欲しいと思います。