読んだら試してみたくなるかも? 平凡な男性がメンズメイクで自分を知るマンガ『僕はメイクしてみることにした』

自分自身のために使う少しの時間…何に使います?

メンズメイクと聞くと、若くて目鼻立ちが整った男性が、より美しくなるためにする今どきの化粧のことだと思うかもしれない。しかしメイクの目的は人それぞれで、女性のメイクだけでなく、メンズメイクの世界も幅広い。

洗顔料を使う、化粧水をつける、リップクリームを塗ってみる、眉からはみ出した毛を少し剃ってみる。それらも立派なメンズメイクの第一歩だ。

38歳独身の平凡なサラリーマン・前田一朗は、ある日ふと鏡の中の自分を見つめ、それまで何もセルフケアをしてこなかった結果に落ち込む。年を取ったこともあるけれど、記憶の中にある自分とはずいぶん変化している。でも自分の肌質も、肌悩みもわからない。

そんな彼が自分を知るためにメンズメイクの第一歩を踏み出すマンガが、『僕はメイクしてみることにした』である。

『僕はメイクしてみることにした』表紙 ©糸井のぞ・鎌塚亮/講談社

やった分だけちゃんと応えてくれる体験の尊さ

自分の悩みを解決するためにセルフケアを始めようとドラッグストアに足を運ぶも、棚に並ぶ商品を眺めて、どれが洗顔料なのかも区別が付かない一朗。そんなとき、コスメ大好き女子のタマと出会い、ひとつずつ教えてもらうことで成長していく。

作品冒頭で何もわからない一朗は、棚から洗顔料ではなくクレイマスク(洗顔後に使用するペースト状のパック)を選んでしまう。しかしタマはそれを笑うこともなく、肌のタイプを聞き、洗顔料を選んでくれる。

そうした、決して否定をしないタマのアドバイスや、自分自身での実践、同じように悩む男性との出会いなどによって、徐々に行動だけでなく意識も変化していく一朗。メンズメイクそのものの捉え方が変わり、「やったらちゃんと応えてくれる」体験により充実感をおぼえ、純粋にセルフケアを楽しむようになっていく。​

化粧水を使ってみたことがメイクに興味を持つきっかけに

『僕はメイクしてみることにした』より ©糸井のぞ・鎌塚亮/講談社

メンズメイクを突き詰めていけば、タマのようなメイク好き女子のように、色選びで遊んだり、見え方・見せ方を意識したメイクアップのパターンを覚えていったりするだろう。しかし男女ともに、メイクの選択肢はそれだけではない。

一朗は、今の自分を知り、ケアをすることで、見た目だけでなく心のケアにもつながることを覚え、満たされる。彼の行動と意識の変化は、セルフケアやメイクに興味を持ちながらも「自分なんかがやっても」とか「なんだか気恥ずかしい」と躊躇している人の背中を、そっと押してくれるのではないだろうか。​

メイクをする・しない、その理由・価値観・方法は自由

このマンガには、様々な人物が登場する。一朗の高校時代からの友人・長谷部は、弁護士をしていて、妻子もおり、一朗からすると順調な人生を歩んでいるようにみえる。身だしなみにも気を遣い、スキンケアも心がけている。

しかし、メンズメイクを始めたことを嬉しそうに話す一朗に対して「それって何かメリットあんのか? 仕事が来るとか、モテるとか」と言い出し、さらにタマからアドバイスをもらっている話をすれば「その子のこと狙ってるんだろ?」と言ってくる。

長谷部にとってメンズメイクは、「自分のため」にするものではなく、「自分にメリットをもたらしてくれる存在のため」にしていることだったのだ。

長谷部にメンズメイクの楽しさを伝えるが……

『僕はメイクしてみることにした』より ©糸井のぞ・鎌塚亮/講談社

もちろん、セルフケアやメイクをする理由や価値観は人それぞれで、自由だと思う。しかし長谷部の問題は、自身の価値観を一朗に押し付け、否定しまうことだ。選択肢が自由である以上、他人が左右するものではない。​

職場でメイクをしない同僚女性・真栄田の存在にも注目したい。

かつてノーメイク禁止の職場で働いていた真栄田は、入社した当初は会社のメイク講習会へ行くなど毎日努力していたものの、ふと「なんでこんな頑張ってたんだろ」と思い、現在の職場では日焼け止めしか塗っていない。

「絶対にしたくないってわけじゃないんだけど、仕事の内容と関係ないし優先順位が低かった…」と話す真栄田。同じように考える女性も少なくないのでは。

メイクをしない理由を明かし一朗の背中を押す真栄田

『僕はメイクしてみることにした』より ©糸井のぞ・鎌塚亮/講談社

誰のために、どこで何をするかは自由だ。一朗だって、自分を知るために、楽しいからメイクをしているが、せっかくであれば相手に好印象を与えたい、疲れているように見られたくないという意識があることはマンガの中で散見される。メイクをするかしないかは自由であり、その理由や価値観は複合的な場合もあるだろう。

長谷部や真栄田以外にも、眉毛の手入れをしている取引先の人間や、メンズコスメカウンターの美容部員の男性など、一朗の行動や意識に変化をもたらす人物が登場する。読み進めるうちにきっと、読者であるあなたも、自分自身にどこか少し変化を感じられるかもしれない。​

まずは自分自身のために時間を使ってみる

このマンガで、一朗が「自分自身のために使う少しの時間、それが自分を新しい世界に連れていくきっかけになるんじゃないかって思うんです」と話すシーンがある。

一朗の場合、自分自身のために少し時間を使って変化をもたらしてくれたのはメイクだったが、必ずしもメイクである必要はないと思う。

読書、運動、映画鑑賞――世の中にはあらゆる趣味がある。仕事のために新しい知識を得たいから、もっとモテたいから、そういった目的意識を持って何かに取り組むことも素敵だけれど、ただ「自分が楽しいから」、それだけのために取り組めることも尊いし、大切だ。

一朗は言う。「いつもよりちょっと丁寧に顔を洗ってみるのはどうでしょうか」と。一見ハードルが高そうに見えるメイクの世界だけれど、まずはいつもの洗顔料でちょっと丁寧に洗ってみるだけでも、鏡の中の自分が、世界が少しだけ違って見えるかもしれない。​